「みんな違って、みんないい」
これは、小学校の時の担任の先生が好きだった、金子みすゞさんの詩の一節です。

「勉強できる子、できない子。」
「運動できる子、できない子。」
「絵を描くのが上手い子、下手な子。」
「歌が上手い子、下手な子。」
「喧嘩の強い子、泣き虫な子。」

いろんな人がいて、みんな、それが個性なんだから、それでいいんだと、
小学生の頃、よく先生は、言っていました。


俺は、「学歴なし」「職歴なし」「金なし」「女性経験なし」の大人になった訳なんですが
先生は、今の俺を見ても、また、あの頃と同じように「みんな違って、みんないい」と
言ってくれるだろうか?

あと
1040日頑張ってみます。

↓ここをクリックしていただけたら3年間頑張る励みになりますのでお願いします。
m(_ _)m 
 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村