三年プラス四ヶ月ブログ~「学歴なし」「職歴なし」「金なし」「女性経験なし」「やる気なし」~ 

何もないおっさんが最後に3年間だけ頑張ってみます。3年間で何も変わらなかったら全てを諦め「無」になって生きていきます。

2015年05月

今日で5月が終わりますね

それで、今月中に腐女子店員さんに
名刺を渡すと宣言していたわけなんですが…

結局渡せませんでした。 

いやぁ、ホントは昨日か今日渡そうと思ったのですが
昨日はベテランのおばさん店員さんが邪魔で(失礼w)
今日は何故か早朝なのに混み始めてきたので渡せませんでした。

まあ、全ては言い訳ですw

もし、来月中に渡せなかったらブログ辞めます!

来週は絶対に渡すと言いたい所ですが、
バイトの都合で来週は行けそうもありません。
なので、再来週には…いや来月中にはw渡します。

と言っても、まあ、ただ渡すだけですからねw 
前回とは違い自分が行動すればいいだけですから…

 あと818日頑張ってみます。

  ブログ村ランキングに参加しています。ここをクリックしていただけたら順位が上がります。
↓順位が上がると3年間頑張る励みになりますのでクリックをお願いいたします。m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村

ク○ネ○○マトの配達員さんに名刺を渡すことにしました。

まず彼女は、年齢25歳~30歳(多分)。
似ている芸能人と言うかアニメのキャラはドラえもんの妹ドラミちゃん。
(以下わかりやすいように「ドラミさん」と呼びます。)

ドラミさんが一生懸命、台車を押しているのを見て
「こんな子と、一緒にご飯に行けたらなぁ」と看板をボーと持ちながら
思っていたのですが、 気が付きました!この人に名刺を渡せばいいんだと。

その日は名刺を持っていなかったので、次の日持っていき
もしもまた会えあたら、渡そうと思いました。

そして次の日…
次の日もドラミさんは一生懸命に台車を押していました。

意を決して、名刺を渡しました。

ドラミさんを発見した俺は、トイレに行ってくると言って
彼女の後をついていき、思い切って声をかけてみました。

 俺 「あの…すみません。あそこで看板持ちをしているものですけど…」
ドラミ「はぁ。」
 俺 「普段は自営業をしていて、それだけでは食べていけないので
    バイトもたまにしているんです。」
ドラミ「はぁ。」
 俺 「これが名刺です。」
ドラミ「はぁ。(一応受け取ってもらえました)」
 俺 「いやぁ…一生懸命に仕事されているのを見て、あなたみたいな女性と
    メールだけでもいいので出来たら幸せだと思いまして…」
ドラミ「はぁ」
 俺 「もしよろしければ、名刺の裏に書いているプライベートのアドレスに
    メールをいただけたらなと思いまして。」
ドラミ「…。」
 俺 「もちろん。連絡くださらなくてもいいです。連絡が無くてもこれ以上は
    何もしないので安心してください。」
ドラミ「はぁ。」
 俺 「お時間取らせて、すみませんでした。(逃げ帰るように去る)」

文字にしたらアレですけど、実際はとっちらかてしまって、もう何が何だかw
「メール出来たら幸せです」なんて言っちゃったしw怪しさ全開だったなw

 あと819日頑張ってみます。

  ブログ村ランキングに参加しています。ここをクリックしていただけたら順位が上がります。
↓順位が上がると3年間頑張る励みになりますのでクリックをお願いいたします。m(_ _)m  

  にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村

どうしても道行く人に声をかけることは出来ません

以前コメントでアドバイスしていただいた通りに
まずは、道を若い女性に聞いてみる事から始めてみました。

自宅から少し離れた駅で降りて、適当に駅から10分ほど歩いてから
駅への道を聞くという、なんともアホらしいものですw

ただ、コミュ障の俺は、最初道を聞くだけでも時間がかかりましたw

だって、一人で歩いている若い女性の方って、無表情だったり
怒った顔して歩いているんですよね…怖くて、道も聞けませんw

30分ほど躊躇して、なんとか勇気を出して、
その中でも優しそうな女性に道を尋ねてみたら
案外、結構親切に教えてくれました。 

その後、他の女性にも道を尋ね続けて
結局全部で9人の方に道を聞きました。

なかには、その女性も駅に行くからと
一緒に駅まで歩いてくれた方までいました。
(あの時の女性の方、
 本当は道を知っていましたwすみませんでした。)

慣れてきたところで後日、ナンパをしてみようとしましたが
どうしても声をかける事は出来ませんでした。

やっぱり、俺は腰抜け野郎ですw

そんな時、看板持ちのバイトをしていると…

俺が看板を立って持っている周りを
クロ○○ヤ○トの女性配達員の方が、配達物をいっぱいに積んだ台車(?)を
一日中、押しなが周りのビルや店に配達していました。

その様子を、看板を持ちながら
「あぁ~こんな子と一緒にご飯食べに行きたいなぁ」と
ボーと見ていて、ハッと気が付きました。

そうだ!この配達員さんに名刺を渡せばいいんだと…

 あと821日頑張ってみます。

  ブログ村ランキングに参加しています。ここをクリックしていただけたら順位が上がります。
↓順位が上がると3年間頑張る励みになりますのでクリックをお願いいたします。m(_ _)m  
にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村

少し前から、たまに看板持ちのバイトをまたしています。

結局まる子さんに会えないまま、諦めて
まる子さんがチラシを配っているかもしれない可能性がある駅に
もうだいぶ前から行っていません。

ただ、少し前から、それこそ一縷の望みをかけて
また看板持ちのバイトを始めました。

数多くの現場があるなか
偶然にまる子さんと一緒になる可能性なんてほとんどありませんが
会えなくてもバイト代は貰えるので、会えたらラッキーぐらいの気持ちで
時々やっています。

看板を持っていると、あるマダムに声をかけられました。

マダム「ご苦労様。」
 俺  「はぁ…どうも。」
マダム「何時まで、やってらっしゃるの?」
 俺  「○時までやっています。(特定されない為伏せさせてください)」
マダム「で、何時から、やってらっしゃるの?」
 俺  「○時からやっています。」
マダム「暑い中大変ね。(この日は5月なのに暑かったです)」
 俺  「今日は暑いですね」
マダム「一日看板持っていて、おいくら貰えるの?」
 俺  「はぁ…まぁ…」
マダム「2万円ぐらい?」
 俺  「あ!?(絶句)正確には言えませんが、そんなには貰えませんw」
マダム「あらそうなの?大変ねぇ」

一日2万円ってwそんなに貰えるわけねーわw
時給換算すると1000円もいかないわw

きっとマダムは、30超えた男が暑い中、一日立たされているのだから
それ相応な金額を貰っていると思ったのでしょうね。 

そんなマダムに 時給1000円もなりませんなんて、
恥ずかしくて言えませんでした。

上品で、そこそこの暮らしをしてそうな感じの勝ち組のマダムだったので
そんなやっすいお金の為に暑い中一日看板を持つ
いい歳した負け組のおっさんがいるなんて想像できないのでしょうね。

きっと、マダムの旦那は稼ぎが良くて、
子供は頭のいい学校に通っているんでしょうね…

なんだか切なくなってきたw
 
 あと824日頑張ってみます。

  ブログ村ランキングに参加しています。ここをクリックしていただけたら順位が上がります。
↓順位が上がると3年間頑張る励みになりますのでクリックをお願いいたします。m(_ _)m  
 
にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村

例のモンステラから新しい茎が生えてきました

例の方から教えてもらった方法を試したら
モンステラから新しい茎が生えてきました。 
 0521
俺は植物とかに興味がありませんでしたが
一度枯らせてしまいそうになったものから、
また茎が生えてきてくれると、やっぱり嬉しいものですね。 

それに、なんだかよくわからないけど良い事がありそうな気もするしw 

あと827日頑張ってみます。

  ブログ村ランキングに参加しています。ここをクリックしていただけたら順位が上がります。
↓順位が上がると3年間頑張る励みになりますのでクリックをお願いいたします。m(_ _)m  
にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村

このページのトップヘ