ク○ネ○○マトの配達員さんに名刺を渡すことにしました。

まず彼女は、年齢25歳~30歳(多分)。
似ている芸能人と言うかアニメのキャラはドラえもんの妹ドラミちゃん。
(以下わかりやすいように「ドラミさん」と呼びます。)

ドラミさんが一生懸命、台車を押しているのを見て
「こんな子と、一緒にご飯に行けたらなぁ」と看板をボーと持ちながら
思っていたのですが、 気が付きました!この人に名刺を渡せばいいんだと。

その日は名刺を持っていなかったので、次の日持っていき
もしもまた会えあたら、渡そうと思いました。

そして次の日…
次の日もドラミさんは一生懸命に台車を押していました。

意を決して、名刺を渡しました。

ドラミさんを発見した俺は、トイレに行ってくると言って
彼女の後をついていき、思い切って声をかけてみました。

 俺 「あの…すみません。あそこで看板持ちをしているものですけど…」
ドラミ「はぁ。」
 俺 「普段は自営業をしていて、それだけでは食べていけないので
    バイトもたまにしているんです。」
ドラミ「はぁ。」
 俺 「これが名刺です。」
ドラミ「はぁ。(一応受け取ってもらえました)」
 俺 「いやぁ…一生懸命に仕事されているのを見て、あなたみたいな女性と
    メールだけでもいいので出来たら幸せだと思いまして…」
ドラミ「はぁ」
 俺 「もしよろしければ、名刺の裏に書いているプライベートのアドレスに
    メールをいただけたらなと思いまして。」
ドラミ「…。」
 俺 「もちろん。連絡くださらなくてもいいです。連絡が無くてもこれ以上は
    何もしないので安心してください。」
ドラミ「はぁ。」
 俺 「お時間取らせて、すみませんでした。(逃げ帰るように去る)」

文字にしたらアレですけど、実際はとっちらかてしまって、もう何が何だかw
「メール出来たら幸せです」なんて言っちゃったしw怪しさ全開だったなw

 あと819日頑張ってみます。

  ブログ村ランキングに参加しています。ここをクリックしていただけたら順位が上がります。
↓順位が上がると3年間頑張る励みになりますのでクリックをお願いいたします。m(_ _)m  

  にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村