三年プラス四ヶ月ブログ~「学歴なし」「職歴なし」「金なし」「女性経験なし」「やる気なし」~ 

何もないおっさんが最後に3年間だけ頑張ってみます。3年間で何も変わらなかったら全てを諦め「無」になって生きていきます。

カテゴリ:親孝行 > 実は親が離婚してるんスっよ

今、父親は。。。

父親は離婚した時に約束した
「定年するまで毎月17万支払う」
「定年までのボーナスを全て家のローンにあてる」
という二つの約束を守りました。

でも、離婚する時には女なんていないと言っていたのですが
父親は離婚して数年後にしれっと10歳以上年下の女性と再婚したのですw

そして、現在も二人の結婚生活は続いています。

親が離婚したのも、その後父親が他の女性と再婚したのも
俺が20歳を過ぎてからの事だったのもあってか
俺はそこまで父親を軽蔑はしていません。

その逆にお金を払い続けた父親を尊敬さえしています。

ただ、母親の事を思うと再婚相手の女性とは暫くの間は
まともに話す気になりませんでした。

でもその後、その女性は祖父が入院した時には病院に通ってたようですし
その祖父が亡くなった後、独りになった祖母のところにも
定期的に通ってもいたようです。

それらを見てきたのと何よりも時間もだいぶ経っているので
もう何も思っていません。

祖父と祖母が亡くなった後

今は父親とその女性は引っ
越して田舎暮らしをしています。

父親はもう歳なので今度はその年下の女性に捨てられないか心配ですがw
出来ればその女性と死ぬまで田舎で静かに暮らしてほしいと思っています。

なので、もうその女性と普通に話したいとは思っているのですが
親の離婚の原因の一つになった女性という微妙な立場の人を相手に
無口で会話下手の俺は挨拶程度で未だにまともに話したことがありませんw

その代わりというわけではないですが
去年10数年ぶりに贈った父の日のプレゼントとしてペアのグラスを贈りました。

俺の気持ちを相手の女性はわかっていないと思うので
一応、二人の仲を認めたというつもりでペアの物を贈りました。

今年も何かペアの物を贈ろうかと思っています。

次回は母親への思いを書いてみようと思います。。。


あと467日頑張ってみます。  

↓ここをクリックしていただけたら
 3年間頑張る励みになりますのでお願いします。
m(_ _)m
 にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村

父親が提案した離婚条件とは...

1.父親が定年するまで毎月17万支払う
2.定年までのボーナスを全て家のローンにあてる
3.弁護士を間に入れない

当時はもう俺も兄も成人していましたし例え幼い子供がいたとしても
一般的には慰謝料として200万~300万円そして養育費として
毎月3~5万円程度で、それも途中で払わなくなる人が多いって聞きます。

それを考えると1と2って結構な条件ですよね。
ただ一つ気になった事は3です。

父親の言い分では弁護士とはいえ
他人を家族の問題に入れたくないとの事でした。

でも、口約束だけで本当に約束を守ってくれるのだろうか...

母親方の親戚たちから母親は
きちんと協議書を作らないと絶対に払わなくなるのに
何やっているんだと責められたみたいです。

当たり前ですよね。
俺だって全く知らない人がこの条件で離婚すると聞いたら
絶対に途中で支払わなくなると思いますますもの。

ただ、真面目だけが取り柄の父親だから
最後まで払うんじゃないかなという予感がありました。

結果は...

数年前に父親は定年したのですが
俺の予感通り父親は定年まで毎月お金を払い続けました。

そして、毎回のボーナスで払い続けて
家のローンも完済しました。

幼い子供がいるわけでもないのに毎月払い続け
もう二度と住むことのない家の為にローンを完済する...

お金の問題では無いと思いますが
父親は母親と俺たち子供たちに最低限の誠意は
見せてくれたのではないかと思っています。

それどころか、幼い子供がいても養育費を途中で払わなくなる人が
多いという現実を考えるとある種の尊敬さえします。

まあ、離婚する時に女の人がいないと言いつつ
しれっと離婚してから数年後に女の人を俺と兄に紹介して
更に数年後に結婚したんですけどねww

今、俺が父親に思っている事は。。。


あと
531日頑張ってみます。  

↓ここをクリックしていただけたら
 3年間頑張る励みになりますのでお願いします。
m(_ _)m

  にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村

↓よろしければ、下のブログをご覧いただいてから、今回のブログをご覧ください。
実は親が離婚してるんスっよ その1
実は親が離婚してるんスっよ その2
実は親が離婚してるんスっよ その3

親の離婚についての家族での話し合いが何回かありました。

話し合いは、父親は女の存在は認めずに
腑に落ちない曖昧な理由で離婚したいと主張し
対して母親は離婚したくないというのが基本的な展開でした。

そして、俺はこれと言った発言もなく、ずっと存在感がなかったのですが
これではいけない、息子としての意見を言わなければと
言ってやった事が一度だけありました!

「俺には夫婦の事はよくわからないし、片方がこんなに離婚したがっているのならば
 もう無理なのかもしれない。ただ、二人には子供の頃から不自由なくさせてもらってきたし
 あの時だって(※1)大学に行けって言ってもらった。俺が親になった時に子供に
 同じことをしてあげられる自信がない。だから出来れば離婚はしてほしくない」
※1・・・高校卒業後、進学をせずにある道に進もうとしましたが、あっさり挫折。
     結局行きませんでしたが、その時親から大学に行きたければ学費出すと言われました。

今思い返すと、イマイチ意味が分かりませんがw
これをビシッと言えたならば良かったのですが...

なぜか悲しくもないのに、言いながら涙が出てきてしまったのですw
それも、ボロボロとw最後には号泣しながら言っていましたw

もう最悪ですよ、気持ちが悪いですよw

この頃俺は20代半ばだったんですが、普通の20代半ばの男性だったら
「オヤジ目を覚ませ」と一発ぐらい殴ってるところでしょうが
俺は、離婚してほしくないと乙女みたいに泣き出す始末w


何回か行われた話し合いで、これといった意見を言わず
これはイカンと息子としてビシッと言ってやろうとしたら
女子高生みたいな反応しちゃったよw

そして、結局離婚することになったのですが
その離婚の条件というのが...

つづく

あと560日頑張ってみます。  


↓ここをクリックしていただけたら
 3年間頑張る励みになりますのでお願いします。
m(_ _)m
 
 
にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村

このページのトップヘ