三年プラス四ヶ月ブログ~「学歴なし」「職歴なし」「金なし」「女性経験なし」「やる気なし」~ 

何もないおっさんが最後に3年間だけ頑張ってみます。3年間で何も変わらなかったら全てを諦め「無」になって生きていきます。

カテゴリ: 親孝行

赤ら顔

以前書いたことがありますが
近くに住む母親が週に一回のペースで
野菜等の食品を俺の住んでるアパートに持ってきてくれています。

そして、先日も持ってきてくれたのですが
その時、俺の顔が赤かったのでインフルエンザじゃないかと
心配していました。

でも俺は母親が心配してくれているのに
素っ気なくインフルエンザじゃないから心配するなと
返答しただけでした。

だって、赤い顔していた原因は
前日と前々日の2日間、極寒の中を看板持っていただけだからwww

週末に看板持ちのバイトをやり始めてから
結構日が経ちましたが何か最近終わった後に赤ら顔になるんですよね。

しかも、だんだん元に戻るのに時間がかかるようになってきました。

ホームレスの方って赤ら顔している人が多いですけど
あれって寒い中をずっといるとなるんですかね。。。

俺もついにホームレスに近づいてきちゃったかwww

心配してくれていたのにホントの事言えなくてゴメン...
こんな歳になってもバイトをしていてゴメン...
看板持ちのバイトをしていてゴメン... 

 あと538日頑張ってみます。  

↓ここをクリックしていただけたら
 3年間頑張る励みになりますのでお願いします。
m(_ _)m
 
にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村

↓よろしければ、下のブログをご覧いただいてから、今回のブログをご覧ください。
実は親が離婚してるんスっよ その1
実は親が離婚してるんスっよ その2
実は親が離婚してるんスっよ その3

親の離婚についての家族での話し合いが何回かありました。

話し合いは、父親は女の存在は認めずに
腑に落ちない曖昧な理由で離婚したいと主張し
対して母親は離婚したくないというのが基本的な展開でした。

そして、俺はこれと言った発言もなく、ずっと存在感がなかったのですが
これではいけない、息子としての意見を言わなければと
言ってやった事が一度だけありました!

「俺には夫婦の事はよくわからないし、片方がこんなに離婚したがっているのならば
 もう無理なのかもしれない。ただ、二人には子供の頃から不自由なくさせてもらってきたし
 あの時だって(※1)大学に行けって言ってもらった。俺が親になった時に子供に
 同じことをしてあげられる自信がない。だから出来れば離婚はしてほしくない」
※1・・・高校卒業後、進学をせずにある道に進もうとしましたが、あっさり挫折。
     結局行きませんでしたが、その時親から大学に行きたければ学費出すと言われました。

今思い返すと、イマイチ意味が分かりませんがw
これをビシッと言えたならば良かったのですが...

なぜか悲しくもないのに、言いながら涙が出てきてしまったのですw
それも、ボロボロとw最後には号泣しながら言っていましたw

もう最悪ですよ、気持ちが悪いですよw

この頃俺は20代半ばだったんですが、普通の20代半ばの男性だったら
「オヤジ目を覚ませ」と一発ぐらい殴ってるところでしょうが
俺は、離婚してほしくないと乙女みたいに泣き出す始末w


何回か行われた話し合いで、これといった意見を言わず
これはイカンと息子としてビシッと言ってやろうとしたら
女子高生みたいな反応しちゃったよw

そして、結局離婚することになったのですが
その離婚の条件というのが...

つづく

あと560日頑張ってみます。  


↓ここをクリックしていただけたら
 3年間頑張る励みになりますのでお願いします。
m(_ _)m
 
 
にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村

父の日のプレゼントとしてグラスを贈りました。

実家が近所なので手渡しでもいいのですが、
なんだか照れくさいので母の日に続いて今回も郵送にしましたw

父の日の当日の夜に届いたという電話がかかってきました。

父 親「グラス届いたよ。ありがとう。」
 俺  「うん。」
父 親「今、丁度ビール飲むグラス探してたんだよ。(嘘っぽい)
          よくわかったな、父さんの欲しい物」
 俺  「うん。じゃあ良かった。」
父 親「でも、サンネンの状況知っているから(自営業が基本上手くいていなく、
     今やっていることもすぐには収入にならない)父さんの事は気にするな」
 俺  「うん。」
父 親「何か困った事があったら、すぐ知らせろよ。
     少しぐらいならなんとかできるから(多分お金の事?)」
 俺 「うん。ありがとう。」

今回、父の日にプレゼントを久しぶりに贈って、その事をブログに書いて…

こうやって、改めてブログに書いてみると、一つ気が付きました。
小さい頃、父親は怖い存在で、兄弟喧嘩をすると、理由も聞かず
喧嘩は両成敗だと両者とも殴られました。

俺が好きでもない釣りに半ば強引に連れていかれ、糸を絡ませてしまうと
怒られ、不機嫌になられたりもしました。

でも、高校を卒業して夢を叶えたいと言った時ぐらいから、
一人の人間というか男として応援してくれていたように思えます。

父親は大学を卒業後、定年までの約40年間を一つの所で勤め上げました。

なので、夢を叶えたいとか、自営業を始めるとかは、父親自身も
一度はしてみたかった事なのかもしれません。

だから、こんな俺の事も甘すぎるぐらい応援してくれているのかもしれません。
なのに、色々理由はありましたが、口だけでのらりくらりと生きて裏切り続けてきた俺。

父親の為にも、成功できるかわかりませんが、この3年間はもう少し本気にならなければ…

と思いつつも、ホント片隅ですよ、片隅にちょっとだけですよ...
「少しぐらいならなんとかできるから(多分お金の事?)」という言葉が
頭の片隅にある俺ww

あと790日頑張ってみます。

  ブログ村ランキングに参加しています。ここをクリックしていただけたら順位が上がります。
↓順位が上がると3年間頑張る励みになりますのでクリックをお願いいたします。m(_ _)m にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村

母の日に次いで父の日にもプレゼントを贈りました

父の日も贈り物をするのは母の日と同様に約20年ぶりです。
でもプレゼントをするといっても、母の日以上に何を贈るのか迷いました。

母の日は迷ったら、とりあえず花でも贈っておけばいいかという
風潮がありますが、父の日は迷ったらとりあえずコレを贈っておけというものが
ありません。

かといって、父親の趣味なんて知らないですし、
ましてや今欲しい物なんて知りません。

父親の趣味といえば、昔、子どもの頃に
頻繁に釣りに付き合わされて連れていかれた記憶があります。

その付き合わされた釣りで、糸を岩(?)などに引っかけたり、
糸を絡ませたりしたら、結構怒られたので、行くのが嫌でたまりませんでした。

だって父親の趣味に付き合わされて、
しかも怒られるなんて理不尽すぎるでしょw

ただ、今考えると釣りは父親の趣味ではなかったのかもしれません

俺や兄弟が中学生2~3年になって父親の釣りに付き合わなくなると
父親は釣りにほとんど行かなくなりました。

ホントに釣りが好きならば一人でも行くと思うんですよ。

でも、子供たちが付き合わなくなると辞めったって事は
たぶん、釣りは俺たち子供と触れ合うためのツールだったのかなぁなんて
今思うとそんな気がします。

そう思うと、今では嫌だった釣りもいい思い出ですかね。

子どもの頃は、父親は怖くて殴られたこともありましたが
今では、すっかり丸くなり、俺が本気で自営業を
やっていたわけではない時も応援してくれちゃってるし…
うしろ姿なんて完全におじいちゃんだし…
実際、中学生の孫がいるし…

まあ、何が言いたいのかよく分からなくなってきましたがw
とりあえず、無難にビールを飲む用のグラスを贈りました。
(父親は全く飲めない訳ではないですが特に酒好きというわけではありませんw)

あと793日頑張ってみます。

  ブログ村ランキングに参加しています。ここをクリックしていただけたら順位が上がります。
↓順位が上がると3年間頑張る励みになりますのでクリックをお願いいたします。m(_ _)m 
にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村

高校を卒業して就職もせず進学もしないで夢を叶えたいといった時…
母親からは何でもするから普通に進学して欲しいと言われました。 
父親からは自分の好きな道に進めばいいと言われました。

その夢をあっさり諦めた時…
母親からはとにかく就職しなさいと言われました。
父親からは今からでも大学に行きたいのならば学費を出してやると言われました。

自営業を始めた時…
母親からはバカな事しないで早く就職しなさいと言われました。
父親からはとにかく頑張れと言われました。

案の定自営業が上手くいっていない今…
母親からはもう何も言われませんw
父親からは困った時は少しぐらいなら(お金)用意できるぞと言われています。

こうして振り返ってみると母親が常に正しかったですw
しかも、父親は応援してくれているのに俺はつい最近まで全ての困難から逃げていて 
いい加減に生きてきて、自営業にもイマイチ本気になれていませんでしたし…

数ヶ月前に久しぶりに父親と会いました。

母親は週一ペースで食料を届けてくれるので、けっこう会っているのですが
俺は実家にあまり行かないので父親とは近くに住んでいても年に数回しか会っていません。

そして、数ヶ月前に父親と会った時に、父親の後を歩く機会があったのですが
まじまじと改めて見た父親の背中が小さくなって、下半身も細くなっていて
ホントおじいちゃんのようでした。

まあ、実際俺には中学生の甥がいるんで、
その甥にとっては正真正銘のおじいちゃんなんですけどねw 

なんか、母親は長生きしそうですが、父親は早目に逝きそうな気がしないでもないです。

そうなる前にやっぱり、自営業でなんとか食っていけるようになって
安心させたいです。

まあ、それは無理っぽいですしw出来たとしてもまだまだ先になりそうなので
とりあえずの親孝行として今度の父の日に何十年かぶりにプレゼントでも
贈りたいと思います。

ただ、「困った時は少しぐらいなら(お金)用意できるぞ」という父親の言葉が
常に頭の片隅にあって、いざとなったら最後は土下座でもすれば
一度くらいまとまったお金を貸してくれる(と言うか、くれるw)んじゃないかと
アテにしてて、自営業が上手くいっていないのに、どこか余裕こいている俺は
やっぱりダメ人間で親不孝者ですw

あと799日頑張ってみます。

  ブログ村ランキングに参加しています。ここをクリックしていただけたら順位が上がります。
↓順位が上がると3年間頑張る励みになりますのでクリックをお願いいたします。m(_ _)m
にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ
にほんブログ村

このページのトップヘ